自分がステップアップするために転職を行うケースがあります。情報誌で見た仕事内容に魅力を感じて就職してみたものの、自分が希望する将来像と会社が求める自分の将来像にズレが生じることが転職するきっかけとなります。また、自分のイメージと実際の業務内容が異なったりする時もそうですね。どんなに仕事を熱心にこなして今の会社でステップアップしたとしても、自分のスキルを活かしきれないため、転職という選択をします。

ステップアップをするための転職は、転職を希望する会社で前向きに働く意志を表しているものでもあり、会社にとっても悪い印象を与える転職理由ではありません。会社側にとっても将来、転職者が重要な即戦力になっていく可能性も充分考えられます。

このケースの場合、採用側が重視するのは、会社の業務内容を正確に把握出来ているのかと、そのスキルがあるかということです。

将来ステップアップをしていくための転職ならば、転職活動の際、会社の下調べを徹底的に行い、転職希望先の業務内容を把握し、その会社で自分がどう働いていきたいのか明確に表現することが大切です。

職場の上司や部下との人間関係が悪いと転職したくなりますね。転職理由には、職場の人間関係の悪化もあります。人間関係は、些細なことから崩れていくため、職場の人間関係には、かなり気を遣いますが、自分がいくら努力しても人間関係が上手くいかないことはよくあります。生活などにもよるでしょうが、合わない人はどこにでもいるものです。しかし、あまりにも感覚が違いすぎると一緒に仕事すること自体に影響を与えてしまいます。そうなると転職を考えることになります。

人間関係が一上手くいかないと、精神面でも追いつめられて、転職せざるを得なくなることもあります。職場の人間関係が悪いと仕事に集中出来なかったり、連絡ミスが多かったりと仕事に支障が出るので、転職を検討するのは当然のことでしょう。

しかし、転職理由が人間関係の悪化である場合、どの会社にも人間関係に関する問題は存在するため、採用側ではその人の採用に躊躇するでしょう。転職の理由がセクシャルハラスメントやパワーハラスメントなどの社会問題にまで発展するケースを除いた人間関係だとすると、難しいかもしれません。
例え、転職理由が人間関係の悪化でも、転職活動の際はあえてそのようなマイナス面を挙げないことが転職活動のコツです。

転職を思い立つ理由に、勤務時間や給与など、職場での待遇なども考えられます。給料の低さは、仕事に対するモチベーションを低下させなど待遇の問題は、転職者の転職理由として最も多く挙げられる理由です。

しかし、業界によっては残業や給与の低さを当たり前とする業界もあるので、待遇の悪さを感じただけで転職すると、仕事にやりがいを感じている場合は、転職をしたことを後悔します。転職先を探す時は十分に会社の待遇面を調査しましょう。入社してからそんなはずじゃなかったといっても遅いですからね。

会社で業界の水準に満たない待遇を受けていたのならば転職する理由としては充分で、経験を活かした同じ業界への転職も出来ますが、そうでないのなら、業界を変えての転職を検討した方が良いでしょう。待遇面を重視する転職では、待遇が改善される一方で、自分の希望する仕事が出来なくなる可能性があるということを頭にいれておきましょう。

団塊世代の定年退職により大量の退職者が出た企業は、新卒の他に第2新卒の転職者の中途採用にも力を入れ始め、若年層にとって転職しやすい状況になっています

若年層の転職では、まだスキルが十分に備わっていないという不利な条件があります。若年層の転職者は実績をアピールすることが出来ないので、学校教育で学んだことやアルバイト経験で得たものをアピールポイントにした方が良いでしょう。社会経験が少なくても許される若年層の転職者だからこそできるアピールの仕方です。

若年層の転職では、新規に就職するつもりで採用試験を受けるとよいでしょう。若年層の転職者は将来性を重視されるため、実務経験よりも仕事に対する意欲を評価します。仕事に対する熱意を表現することが肝心ですが更に、転職して意欲的に仕事に励むことを効果的にアピールする工夫も採用側にとって好印象を与えます。

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

DESIGNED BY